『ThoughtWorksアンソロジー』を読んだ

5章のオブジェクト指向エクササイズ読みたさに買った。
その名の通り著者によって全く違ったテーマが語られている。

以下は折に触れて読み返したい。

  • 5 章 オブジェクト指向エクササイズ
    • 実践して何かを作ることで体に叩き込もう
  • 8 章 コンシューマ駆動契約――サービス進化パターン
    • 携わっているサービス上内容が生きてくる場面があるかもしれない
  • 9 章 ドメインアノテーション
    • DDDの勉強をすればもう少し楽しく読めそう
  • 11 章 1 クリックデプロイ
    • デプロイ改善に携わることがあればまた読み返す。
  • 12 章 アジャイルウォーターフォールか――エンタープライズWeb アプリケーションのテスト
    • システム統合環境とステージング環境の違いがよく分からなかった。
    • 個人レベルで生かせそうなことはTDDくらいか。
  • 13 章 実践的な性能テスト
    • 現状性能を気にしている部分はSQLが主なので、それ以外の部分で性能検証を迫られたら読み返す。